鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科 Faculty of Engineering, Tottori University / Graduate School of Engineering, Tottori University

文部科学省『平成28年度宇宙航空科学技術推進委託費』の「航空人材育成プログラム」に参画しています

 文部科学省の『平成28年度宇宙航空科学技術推進委託費』の「航空人材育成プログラム」に唯一採択された『実機飛行を通した航空実践教育の展開』(名古屋大学を主管とした14機関によるプログラム)の参画機関として、鳥取の2高校などでのアウトリーチ活動を行っています。

 本プログラムは、次世代の航空科学技術を担う人材の育成につなげることを目的として、大学、産業界が連携し、JAXA、自治体等の協力も得て、 全国の大学生を対象とした実機飛行による航空実践教育および関連教育プログラムを実施し、さらに中高生を対象とした「飛行」の魅力を伝えるアウトリーチ活動を展開します。

 これに参画している鳥取大学工学部(機械物理系学科 川添博光教授、酒井武治教授)では、大学内での「飛行力学実験実習」(11月14日)のほか、11月7日(月)には鳥取県立鳥取西高等学校にて1年生を対象に中橋和博氏(国土交通省運輸安全委員会委員長)による講演『航空機の歴史と飛行原理、安全性と未来について』等を実施しました(写真)。また、11月18日(金)には、青翔開智中学校高等学校にて、野久徹氏(川崎重工業航空宇宙カンパニー、フェロー兼チーフデザイナー)による講演『航空機開発/設計のご紹介』と工学部教授陣・技術職員らによる実演学習『マルチコプターによる飛行』を実施します。

 鳥取大学工学部では、今後成長が見込まれる航空分野の人的基盤の強化・将来の航空科学技術に携わる人材の育成に尽力しています。

 なお、「航空人材育成プログラム」の詳細については以下のサイトを参照ください。

http://www.nuae.nagoya-u.ac.jp/hikoh/index.html

%e5%86%99%e6%9c%ac-%e8%88%aa%e7%a9%ba%e5%ae%89%e5%85%a8%ef%bc%a0%e9%b3%a5%e5%8f%96%e8%a5%bf%e9%ab%98%ef%bc%831

(写真)鳥取西高等学校での特別講義の様子.