鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科 Faculty of Engineering, Tottori University / Graduate School of Engineering, Tottori University

応用数理工学講座の星健夫准教授が平成27年度HPCI利用研究課題優秀成果賞を受賞

 2016年10月21日、機械宇宙工学専攻応用数理工学講座の星健夫准教授が、スーパーコンピュータを使った優れた研究に対して贈られる、平成27年度HPCI利用研究課題優秀成果賞を受賞しました。研究表題は 「有機デバイス材料系の100ナノスケール電子状態計算」で、世界最大級のスーパーコンピュータ「京」(けい)を用いた物質科学研究です。受賞式は、2016年10月21日にコクヨホール(東京)で開かれました(URL:http://www.hpci-office.jp/pages/h2810_houkokukai?parent_folder=309)。 HPCI(ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ)とは、日本国内の主要なスーパーコンピュータを接続したシステムをさし、上記賞はHPCIを利用した研究に対する賞となります (対象研究課題137中9件が受賞)。

 

photo_20161021_hpci_lt

 

scan_201610_%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e7%8a%b6_hpci_lt