鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科 Faculty of Engineering, Tottori University / Graduate School of Engineering, Tottori University

工学部学生チームが日本鋼橋模型製作コンペで二連覇

 8月28日から29日に熊本大学で開催されたJapan Steel Bridge Competition 2015(JSBC:日本鋼橋模型製作コンペ)で鳥取大学の学生チームが2年連続で総合部門優勝の成績を収めました。

 JSBCは、学生自身が橋梁の設計、製作と架設を行い、ものつくりの真の楽しさを経験し、設計・製作技術や多くの知識を習得するとともに、人脈形成、問題解決の技量を養うコンペティションです。第6回となる今回の大会は18の大学と1つの高等専門学校の計19校から20チームが参加し、構造・架設・美観の3つの部門で競い合いました。

 本学チームは工学部土木工学科の学部4名で結成され、4月からコンピューターを使わずに構造計算や橋梁形状の決定、詳細設計や製図を行い、その後学内のものづくり工場で橋梁部材の加工・製作、本番に向けて架設練習を行うなど大会に向け取り組みました。そして架設部門で第2位、構造部門で優勝を収め、総合部門でも昨年に続き優勝を成し遂げました。

 

【参加校】

愛知工業大学、岩手大学、大阪市立大学(2チーム)、岐阜大学、九州大学、京都大学、熊本大学、熊本高等専門学校、摂南大学、東京工業大学、東京都市大学、鳥取大学、名古屋大学、名古屋工業大学、広島大学、福井大学、前橋工科大学、室蘭工業大学、名城大学

(全20チーム)

 

【参加者】

中村雅志(工学部土木工学科 学部4年)

金子剛史(同上)

末葭良太(同上)

杉本和俊(同上)

 

【指導・引率教諭】

谷口朋代 教授 (工学部社会基盤工学専攻)

小野祐輔 准教授(     同上    )

 

【製作支援】

ものづくり教育実践センター

株式会社荒谷建設コンサルタント

株式会社ヤマネ機材

 

20150828_01

集合写真@ものづくりセンター

 

20150828_2

集合写真@熊本大学

 

20150828_3

総合部門 優勝

 

20150828_4

構造部門 優勝

 

20150828_5

架設部門 第二位