鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 Faculty and Graduate School / Department of Engineering Tottori University

工学部の教育に関する3つの基本方針

鳥取大学工学部は、人類の福祉と社会の発展に貢献するため、主として工学の分野における学術研究と教育を行い、社会が必要とする技術を開発し、それを駆使しうる人材を養成することを目的としています。

この目的を達成するため、学士課程における「学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」を定めます。

ページ内コンテンツ

学位授与の方針(ディプローマポリシー)

鳥取大学工学部では、鳥取大学の「学位授与の方針」を踏まえ、専門分野の特色に基づいて学科毎に定められた科目を履修し、所定の単位を修得した学生に対して、以下の能力・素養を身につけたことを認め、学位を授与します。

  • 地球の環境と人類の幸福・福祉を考え、社会に対する責任や倫理観を自覚する知的・道徳的能力
  • 基礎知識や専門知識に基づいて総合的・系統的に思考し、新技術開発や問題解決を行う能力
  • 自律的・主体的・継続的に学習する能力
  • 論理的な記述、発表、討議などのコミュニケーション能力
  • 多様な価値観や地域特性、文化的背景の存在を踏まえ、柔軟で視野の広いものの考え方ができる能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

鳥取大学工学部では、本学部の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し実施します。

  • 全学共通教育と合わせて専門分野を中心とした特色ある教育課程を学科毎に編成します。
  • 専門の技術・知識を応用し、総合的な能力を向上させる場として卒業研究を行います。
  • 工学技術に関する倫理教育の機会、最新の技術動向や専門知識に触れる機会を提供します。
  • 実験、演習など能動的に能力を磨く教育を展開します。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

鳥取大学工学部は、人類の福祉と社会の発展に貢献するため、主として工学の分野における学術研究と教育を行い、社会が必要とする技術を開発し、それを駆使しうる人材を養成することを目的としています。この目的に共感して学ぶことのできる次のような人を求めます。

  • 地球の環境、人類の幸福・福祉に関心を持ち、社会的責任についての考えや倫理観を身につけたいと考えている人
  • 基礎知識や専門知識を学習し、学んだことを新技術開発や問題解決に応用して社会に貢献したいと考えている人
  • 目的を持って自ら学ぶ努力のできる人
  • 他者の意見を聞き、自らの意見を発信するための能力や技能を身につけたいと考えている人
  • 地域社会への貢献や国際的な活躍ができる技術力を身につけ、それを活用する意欲のある人

鳥取大学工学部では、基礎学力、コミュニケーション能力、学習意欲の判定のために、センター試験及び一般入試、推薦入試などを活用して入学者の選考を行います。