鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 Faculty and Graduate School / Department of Engineering Tottori University

社会システム土木系学科

知識を生かした分析から、より良い社会づくりを目指す。

本学科には、2つのプログラムがあり、社会経営工学ではその社会基盤を経営・維持していくためのシステムづくりを、土木工学では社会基盤を計画・設計するためのものづくりの知識を学びます。1年次は数学、物理、数値解析、教養科目等の基礎的なことを、2年次からはプログラムを選択し、より専門的なことを学んでききます。私が所属している社会経営工学プログラムは、プログラミング、経済学、情報処理、マネジメントなどを学び、それらの知識を生かした工学的な分析により、より良い社会づくりを目指します。

また、海外の工学系の大学への留学プログラムも充実しています。興味をもたれた方は、ぜひ本学科に入学し、充実した大学生活を過ごしてみてください。

※平成30年度鳥取大学案内に『在学生からのメッセージ』として掲載

増田 里穂

社会システム土木系学科3年

2015年度入学

静岡県立浜松北高等学校卒

人々がより良く暮らすための社会づくりを目指して。

皆さんは「社会経営工学」と聞いて、どのようなイメージを持ちますか? おそらく土木工学に比べ、社会経営工学はイメージしにくい学問分野であると思います。私たちが暮らす現代の社会では、地域の過疎・過密化、環境汚染、インフラ問題など、さまざまな社会問題が複雑に絡み合っています。これらの問題をあらゆる視点から捉え、解決していくための技術を学び、習得することを社会経営工学プログラムでは行います。

このプログラムでは、数学、土木、環境についてだけでなく、情報処理、経済、マネジメントなど幅広い分野の学問を学びます。1、2年次では、これらの分野の基礎を学び、3年次から基礎知識を活かした専門的な科目の勉強をします。また、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が求められる講義も増えていきます。学年があがるにつれて、実践的な講義が増え、実際の現場の模擬を体験するこができるのもこのプログラムの魅力のひとつです。

多方面の観点を合わせ考えた知識や技術を学び、人々がより良く暮らすための社会づくりを目指すのがこの学科です。町づくり、システムづくりに興味のある方、ぜひ社会システム土木系学科に入学し、ともに楽しいキャンパスライフを送りましょう。

※平成29年度鳥取大学案内に『在学生からのメッセージ』として掲載

細江 美欧

社会開発システム工学科4年

2013年度入学

愛知県立豊丘高等学校卒