鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科 Faculty of Engineering, Tottori University / Graduate School of Engineering, Tottori University

学部長から受験生へのメッセージ

刷新される伝統工学
工学部は生まれ変わりました!

平成27年4月、鳥取大学工学部は生まれ変わりました。
これまでの8学科体制から、新たに機械物理系学科(定員115名)、電気情報系学科(同125名)、化学バイオ系学科(同100名)、社会システム土木系学科(同110名)の4つの学科になりました。さらに、これら4つの新学科を通じて14種類の多様な教育プログラムを用意しました。

鳥取大学工学部は山陰初の工学部として創立され、平成27年に記念すべき50周年を迎えました。昭和40年代当初は機械工学科、電気工学科、工業化学科、土木工学科の4学科で発足し、平成7年から平成26年までの20年間は、機械工学科、知能情報工学科、電気電子工学科、物質工学科、生物応用工学科、土木工学科、社会開発システム工学科、応用数理工学科の8学科(学部学生定員450名)で学部教育を推進してまいりました。この間、博士前期・後期の大学院修了生と合わせると、約2万人もの工学系人材を着実に養成しました。

平成27年度、激変する時代のニーズや社会の要請にさらにタイムリーに応えるため、学部改組を致しました。工学分野のミッションに記した「伝統的工学と他の学問分野の成果を課題解決のため融合利用する総合学としての工学教育を目指す」という理念に従った新たな4学科・14教育プログラム体制のもと、従来の伝統的工学分野を深く理解したうえで、時代のニーズに即した幅広い工学系人材養成をさらに強固に進めていきます。どうぞ、ご期待ください。

河田康志 工学部長
河田 康志
工学部長