鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科 Faculty of Engineering, Tottori University / Graduate School of Engineering, Tottori University

学部長/研究科長からのメッセージ

刷新される伝統工学
工学部は生まれ変わりました!

鳥取大学工学部は昭和40年山陰初の工学部として創立され、平成27年4月に50周年を迎えました。この半世紀を節目に、激変する時代のニーズや社会の要請にタイムリーに応えるため、工学部は機械物理系学科(定員115名)、電気情報系学科(定員125名)、化学バイオ系学科(定員100名)、社会システム土木系学科(定員110名)の4つの新たな学科に改組しました。

創立初期の機械工学科、電気工学科、工業化学科、土木工学科の4学科は、日本の科学技術の発展と共に拡大を重ね、平成7年には機械工学科、電気電子工学科、知能情報工学科、物質工学科、生物応用工学科、土木工学科、社会開発システム工学科、応用数理工学科の8学科(定員450名)に拡充されました。博士前期・後期課程の大学院生と合わせ、これまでに2万人を越える工学系人材を養成し、社会に送り出してきました。平成25年度に再定義した工学分野のミッションにより、「伝統的工学と他の学問分野の成果を課題解決のため融合利用する総合学としての工学教育を目指す」という基本理念に従い、上記の新たな4つの学科に再編しました。

この4つの学科は工学部創立当時の学科と似ていますが、14の多様な教育プログラムを用意することで、従来の伝統的工学分野に深く関連しつつ、新時代のニーズに即した幅広い工学系人材養成をさらに強く押し進めていくもので、「未来の工学(研究)、わかる工学(教育)、役立つ工学(実践)」をキャッチフレーズとした新しい工学部に生まれ変わっています。どうぞ、ご期待ください。

河田 康志
工学部長