鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 Faculty and Graduate School / Department of Engineering Tottori University

化学バイオコースの院生がCSJ化学フェスタ2018で優秀ポスター発表賞を受賞

2018年10月23日~25日に開催された第8CSJ化学フェスタ2018での発表内容が高く評価され、工学専攻化学バイオコースの院生4名が優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 

伊藤研 松本 瞭さん  『二次電池の負極活物質として機能する含キノン骨格有機塩の開発』(有機化学分野)

松浦研 佐藤 祐希さん『細胞透過性ペプチドを有する人工ウイルスキャプシドの細胞内導入』(天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー分野)

坂口研 鈴木 真さん  『TiO2MnO2からなる複合電極の光電気化学キャパシタ特性』(材料化学分野)

坂口研 田中 侑里さん『毬藻形状を有するTiO2からなる電極のリチウム二次電池負極特性』(材料化学分野)

 

発表者が1000名を超える大きな学会において、本専攻から4名も受賞者が出たことは大変栄誉なことであり、今回の受賞を励みにさらなる活躍が期待されます。