鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 Faculty and Graduate School / Department of Engineering Tottori University

電気情報系学科

色んなことを学び、視野を広げることが夢発見の近道

株式会社富士通ゼネラル
空調機システム開発部 応用機器開発部 勤務

氏名
C.K
出身高校
静岡県立三島南高等学校
卒業/修了等
2016年度 情報エレクトロニクス専攻 修了

高校生へのメッセージ

私は大学入学時、夢がありませんでした。しかし、鳥取大学で様々なことを学び、沢山の可能性が見えてきました。そして、生活の役に立つものを作りたいという夢を持ち、今の会社に入社しました。

今の仕事はエアコンの研究開発で、大学で学んだことよりさらに専門的で広い知識を必要とします。その分、学生の時以上に勉強する機会が増えましたが、夢に向かって進んでいる実感があるため楽しく仕事ができています。高校生の皆さんも、ぜひ鳥取大学で夢を見つけて、楽しんでください。

学生時代の研究が自身の進路選択につながっています。

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社
鹿児島テクノロジーセンター 直轄組織 MEMS受託部 MEMS開発1課 勤務

氏名
永井 善規
出身高校
兵庫県立相生高等学校
卒業/修了等
2014年度 電気電子工学科 卒業
2016年度 情報エレクトロニクス専攻 修了

高校生へのメッセージ

皆さんは「MEMS」という略語を目にしたことはあるでしょうか。今や中学校の教科書にも登場しているらしいですが、きっとまだまだ認知されていませんよね(笑)

MEMSとは、半導体作製技術を応用し、運動機構や電子回路などを集積したマイクロオーダーのデバイスの総称です。私は、そのMEMSに関して、ファウンドリビジネスを展開している組織に所属しています。ファウンドリという側面から、多種多様なMEMSデバイスに携わることができ、技術者として非常に幸せな環境で仕事をしています。また、二年目を迎えようという時期ですが、要素技術開発の1テーマを任せていただけるなど、仕事へのやりがいを日々感じております。

このような今があるのは、間違いなく、鳥取大学での生活でMEMS技術と素晴らしい教授に巡り合えたからだと思っています。ぜひ、より広範な知識を獲得できる環境に改組された鳥取大学工学部に進学して、皆さんにとって魅力的な研究を見つけてください。

鳥取大学で学んだことは重要だったと再認識しました

リコーITソリューションズ株式会社
エンベデッドソリューション事業部 ES第7開発部 第2グループ 勤務

氏名
藤原 英晃
出身高校
兵庫県立山崎高等学校
卒業/修了等
2011年度 電気電子工学科 卒業
2013年度 情報エレクトロニクス専攻 修了

高校生へのメッセージ

大学時代のプログラミング経験を活かし、オフィスで利用される文書編集ソフトウェアを開発しています。

開発中のソフトウェアは世界中で利用されていて、やりがいを感じます。難しい問題に直面した時は、細部まで粘り強く考えることで解決し、思い通りにソフトウェアを動かせた時は達成感があります。

これは「事実をもとによく考える」という研究室時代の教えが基礎になっています。鳥取大学での学びがエンジニアとしての仕事に活きています。

「楽しい!」を見つけよう

鳥取大学
総合メディア基盤センター(助教) 勤務

氏名
東野 正幸
出身高校
大阪市立東高等学校
卒業/修了等
2008年度 知能情報工学科 卒業
2010年度 情報エレクトロニクス専攻 博士前期課程 修了
2013年度 情報エレクトロニクス専攻 博士後期課程 修了/博士(工学)

高校生へのメッセージ

鳥取大学総合メディア基盤センターで助教をしています。仕事の内容としては、学内の情報システムの開発・運用、情報リテラシの授業の実施、そして情報工学、特にモバイルエージェントや分散システムに関する研究を行なっています。大学教員を含め教育職・研究職・開発職は毎日が新しい仕事の連続です。未知の新しい仕事を「楽しい!」と思えたり「もっと楽しい仕方にしよう!」と提案するには、実は「基礎の理解」がとても大切です。基礎が分かるから見えてくる「楽しさ」「新しさ」「価値」が存在します。鳥取大学工学部には多種多様な専門性を持った教員が集まっており、基礎理論からその応用である卒業研究まで学生の「学び」に全力で応えてくれます。さらに修士論文や博士論文の指導ともなると教員の研究者としての姿がより強く現れ白熱した議論となります。それらの経験が全て今の私に繋がっていると思います。

希望の仕事に就け、大学で学んだ事は業務で活かされています。

三菱電機株式会社
神戸製作所 交通システム部 交通情報システム技術課 勤務

氏名
楠本 早希
出身高校
鳥取県立倉吉東高等学校
卒業/修了等
2012年度 情報エレクトロニクス専攻 修了

高校生へのメッセージ

現在、鉄道システムの設計業務を担っており、大規模で責任も大きく、やりがいのある仕事です。多くの技術者と協力して製作したシステムが無事に運用開始した時は、とても感動しました。

大学で培った情報知識や調査力、プレゼン力は、現在の業務で役立っています。教授や仲間に恵まれ、この大学で多くを吸収できたからこそ今の自分があると思っています。皆さんも鳥取大学工学部で技術的にも人間的にも成長し、充実した大学生活を送って下さい。

工学部で学んだことと現在の仕事との関係性

株式会社日立インスファーマ
R&Dシステム部 勤務

出身高校
富山県立魚津高等学校
卒業/修了等
2012年度 情報エレクトロニクス専攻 修了

高校生へのメッセージ

私は日立インスファーマで勤務しており、医薬品研究開発のためのICTサービス提供に関わる仕事をしています。現在は顧客の要望をヒアリングし、実現可能で具体的なシステム要件にまとめることをメインで担当しています。工学部ではプログラミングなどから論理的思考を、研究発表の経験から具体的かつ聞き手が理解しやすい資料作成方法と説明の仕方を学ぶことができました。これらの学んだことは顧客やベンダーに説明する機会が多いこの仕事では大きな力となっています。

社会人として必要なスキルと大学生活

サンディスク株式会社
Advanced Process & Device Development Group. LP-CVD 勤務

氏名
苅谷 宏
出身高校
国立 呉工業高等専門学校 電気工学科
卒業/修了等
1999年度 電気電子工学専攻 修了

高校生へのメッセージ

社会人として仕事を行う上で多くのスキルが必要とされます。私が従事しています“開発”という部門では、設計チームから提示される(無謀な)要求に対して、期限内に要求を満たす回答を行うこと、が求められます。期限内ですからスピードが求められますし、新規開発なので当然答えはありません。問題点を抽出し、手法を探して必要な評価を行い、結果をまとめ、報告を行いますが、それぞれにスキルが要求されます。

大学では学部4年から研究室に配属されます。そこで各自がテーマを与えられ、卒業までに論文を完成させることになります。途中、学会等で報告する機会があるでしょう。つまり、社会人として必要とされるスキル(の一部)を磨くチャンスが大学には存在します。自分の価値(知識、スキル、経験など)を高めるために、上手く研究室を活用させてもらいましょう。