鳥取大学工学部 鳥取大学大学院工学研究科/工学専攻 Faculty and Graduate School / Department of Engineering Tottori University

土木工学を学ぶ学生チームが鉄橋模型競技大会(ブリッジ・コンペティション)アジア大会でトータル部門V

本学で土木工学を学ぶ学生と大学院生7人のチームが、インドネシアマラン市で行われた鉄橋模型の競技大会「ブリッジ・コンペティション」のアジア大会においてトータル部門で1位を獲得しました。
 
大会は8月24、25日にインドネシアマラン市で行われ、インドネシアや台湾など6カ国・地域16チームが出場しました。長さ4.5メートルの模型の設計から部品製作、会場での組立てまで全てを学生が行います。組み上げる速さを争う「架設部門」、橋の軽さや強度を評価する「構造部門」、400キロの重りを載せたときの橋のたわみ量を規定範囲に収める「たわみ予測部門」、橋の性能や設計レベルを競う「トータル部門」のほか、「美観部門」、「プレゼンテーション部門」の6部門があり、合計で最も評価の高い大学が「オーバーオール部門」にて優勝となります。
 
鳥大チームの「ダイセン・ブリッジ」は架設部門では5分59秒で1位、構造部門2位、たわみ予測部門では規定値から0.01mmという誤差に収め1位、トータル部門にて1位を獲得しました。